始めなきゃもったいない!手軽に英会話を始めよう

ますます英語が重視され、勉強もしやすい今だからこそ

もっと英語を!学校が変わる

ご存知の方も多いかもしれませんが、2020年度から小学校で英語が正式教科となります。
これまではどうだったかというと、グローバル社会に対応するために2011年度から小学5、6年で外国語活動というものを全面実施してきました。
外国語活動は週1コマ程で、児童は英語を使った歌や遊びに触れながら簡単な表現を学習してきました。
2020年度にこれは3、4年に移り、5、6年では成績を評価する正式な教科となり、学習時間も倍になります。
同じく、2020年度には大学入学共通テストで英語の民間試験が導入されます。
これまでのマーク式では測りきれなかった読む、書く、聞く、話すの4技能に着目し、大学入試センターは実用英語技能検定(英検)、英語能力テスト(TOEIC)など7種類を認定しました。
結果が出ると、語学力を示す国際規格CEFRによる6段階評価もされ、大学に送付されます。

学校でも社会でも家庭でも英語があふれる

このように学校が変わっていくのは、社会全体のグローバル化の流れによるものです。
仕事で英語を使う機会が多い人も増え、受験英語だけ乗り越えて実用できないと、大人になったときに困ってしまうかもしれません。
英語の授業を英語で行う高校などはすでにありますが、大学では全授業を英語で行うというところも増えています。
留学生と交流したいと思ったり、自分自身が留学したいと考える学生は多いです。
海外旅行も昔のように大金がかかるものではなくなってきました。
お子さんがいる人はお子さんの見本になったり、一緒に勉強することで、親子の絆がますます強くなりそうですね。
お勤めの方も、仕事で英語が必要となることは今後ますます増えていくでしょう。


TOPへ戻る